So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

梅雨逆戻りの7月22日

本日、朝4時起床。
某社facebook、ブログ、ツイッターのタイトル画像を制作しています。
割と簡単にできるだろうと思っていましたが、
数日前から苦戦、苦戦、苦戦、、、
1案目はできました。
これから2案目を、、、

午後からは取材の予定で、なんとか今月中に納めたい!
がんばりまひょ
nice!(0) 

三連休の中日

昨日はいつも集う仲間たちと新年会。
昨年末、忘年会にかこつけて我が家でパーティも開いていたので、
「今年もよろしく…」の挨拶も早々に、いつも通りのよく食べ、よく笑った飲み会になりました。
(料理もお酒もとっても美味で楽しかった!)

で、今日は懸案だった仕事をやりつつ、言ってみればダラダラと…。
世の中三連休ということで、明日も静かに作業を進められそうです。

来週は新しい原稿に着手する予定ですので、ちょっと忙しくなりそうです。
ありがたい!とってもありがたい!
がんばります!

nice!(0) 

今年のお初

昨日はいつもと全く違う経験をしてきました。
持参したものは長靴にゴム手袋。
足、腰、腕…たるみ切った体にはかなりしんどかった。

でもいい経験でした。集まった人はそれぞれ有意義に生活を送っているようで、
実にそのスタイルを自然に受け入れている。
それを感じ取れただけで、いい刺激になりました。

その続きが、明日、もう一度あります。
年老いた体にはちょうど筋肉痛が出てくるあたり。
大丈夫か? オレ!?

nice!(0) 

1年ぶりの更新とは!

すぐ下にある投稿が1年前の正月とは、トホホ。
去年も同じことを書いていたんだな〜、イカンイカン。
今年こそ今年こそと考えるのがこの季節。
で、毎年、去年とは違う去年とは違う、と言い聞かせるのもまた然り。

それでいいのか?と嘆かわしく自問自答。
そして、最後は相田みつをのいつもの名文句で締めくくる。
「人間だもの」…「人間だもの」…「人間だもの」…

2016年1月5日
nice!(0) 

2015始動

いよいよ今日から2015年のディー・ストレージが始動します。

昨年終盤は、少し消化不良というか、もっと仕事をしたい気持ちのまま終わりました。

今年はもっと心のフットワークを軽く、ニュートラルにして
一つ一つの仕事と向き合っていこうと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いします!
nice!(0) 

この季節…

冬になると、毎年のように聴きたくなる曲があります。
中島美嘉の「雪の華」。
凍える空気の中で、決して強くはない温もり。
それでも心が満たされていく幸せな風景。
私にとっては、この曲が発売された年が
もっとも落ちていた時期であり、
その後、回復に従ってじわじわとこの曲の優しさを実感するようになりました。

今年もあらためて…。
う〜ん、やはり色あせない。ほっこり温かい。
nice!(0) 

いい感じ…

ホームページを更新して、来年に向けての準備を…、
と思っていたら、なんだかいい感じの風が吹き始めた予感。

これまで足踏みしていたもの、
一歩踏み出してみたこと、
ゆっくりと、ゆっくりとですが、
車輪が動き出そうとしていることに気づきました。

後は具体的にアクションあるのみ。

頭の中で思い浮かべる良いことは、たぶん本当に良いことなのでしょう。
逆に、頭に思い浮かぶ良くないことは、ほとんどが自分の勝手な妄想なのでしょう。

さあ、仕事、仕事!
nice!(0) 

HP更新 [仕事関連]

仕事上のHPを更新しようと思い立ち、本日リニューアルしました。
ディー・ストレージを立ち上げたときに作って以来ですから、
随分と横着をしてきたものです。

あの頃、意気揚々と思い描いていた期待感のうち、
叶ったこと、まだ道半ばのこと、
どちらもいろいろありますね。
変わらないものといえば、やはりこの仕事が好きだなぁという実感でしょうか。

2015年はついに五十路の大台に乗ってしまいます。
でも、めげない、あきらめない、へこたれない。
生涯現役をめざしていますので、これからもみなさんどうぞお付き合いのほどを!


shot.jpg
nice!(0) 

歯止め

言葉尻だけで「歯止めをかけているから安心」という。
そう、ちょっと背を向けたくなるようなあの話です。

もしあなたが一万歩譲って賛成するとしたら、どんな「歯止め」があれば納得できますか?
そう聞かれたら、私は間違いなく以下のことを挙げるでしょう。

1.どんな理由があっても、国は自衛権を行使するための人材を募集、勧誘、強制してはならない。
2.国民は集団的自衛権行使に関して、自身の参加を拒否する権利を有し、国はそれに従わなければならない。
3.国会において自衛権行使を発議した人は全員、議事に賛成した議員のうち少なくとも半数は、紛争地の最前線に赴き、紛争が解決するまでの間、自衛隊員と寝食を共にしながら、紛争解決にあたる

言い換えれば、「国が決めることとはいえ、命に関わることは自分で決めさせてくれ」、「命に関わることを決めたなら、まず自分たちが行け」ってことです。

それともう一つ。しばらく前に日本が国連の常任理事国入りをするとかしないとかっていう話がありました。あのときも確か「もし常任理事国に入って、国際紛争解決のために国連軍を組織したとき、日本は戦力を出せますか?」って言われ、それが足かせ(歯止め)になったと記憶しています。
が、今回の閣議決定でその箍は外れ、法律改正まで進めば、誰かさんは大手を振って「出します」って言うでしょう。そこまで行くと、今言われている「歯止め」は歯止めではなく、「我が国の存立が脅かされているかどうか」は関係なくなり、「親密な関係にある他国の存立」如何で動かざるを得なくなります。

現在の日本国憲法には基本的人権について、以下の通り、掲げられています。
「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。」

基本的人権を国が侵すことは許されないことだと思うのですが…。
nice!(1) 

お台場さんがんばって!

朝の仕事はテレビをつけながらしています。
合わせるチャンネルは、大抵、大塚さんの頃から見慣れた放送局。
朝6時台から9時半過ぎまでは、この放送局の音声を聴き、
その後ラジオか音楽に移るのがパターンです。

そんな私にとって、気になることがひとつ、ふたつ。
アナウンサーの原稿読み&フリートークが、最近気になってしかたがありません。
「○○○が」、「○○○は」という主語が
「○○○がぁ」、「○○○はぁ」と読まれることがとても多い。
文字にするとうまく伝わらないと思いますが、これがとても気になるのです。

それともう一つは
「○○○○なんですけど〜○○○ですが〜○○○○と思いますが」と、
ずっと逆接で言葉をつなぐクセ。
(これは8時からの番組に出ているアナウンサー/レポーターのスタジオトークで多い)。
口語といえども主語、述語をもう少し意識して話しませんか。
そうすれば不要な逆接はなくなると思います。

昨日の同番組では、その前日からほぼ全ての放送局が
「南木曽(なぎそ)」を正しく読んでいたのに、
「みなみきそ」と言っていた人もいて、とても残念な気がしました。

アナウンサーの言葉遣いが気になるのは、私だけでしょうか?
でも、言いたい!お台場さん、がんばって!!
nice!(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。