So-net無料ブログ作成

23、24、25、26、27、28、29…

今年、どんなことを書き記そうか思い倦ねているうちに、
もう4日も過ぎてしまった。

春からのいろんな出来事の中で…何なんだろう、この感覚は…

これまで当たり前だったことが、少しずつ「当たり前」ではなくなっていく。
それをうまく昇華しきれない自分…
やはり頭で思っていたことと、目の前にして感じることは違うね。
自分の考えがまとまらないまま…

でもね、あのふたりの歌声や表情にあの場所で触れたら、
なんだかそれを越えられそうな感触を得られたよ。

この変化を受け入れることができそうな、今よりも少しだけ大きな心の器。

そう、僕らの人生は、またいつか…で受け流せる段階を卒業しつつあるんだね。
これまで当たり前だったことが、もう二度と来ないかもしれない。
だから、今をしっかり刻んでいくことが大事なんだ。
きっとそんな生き方が「幸せ」へとつながっていくような気がしています。

それにしても、なんでこうも彼らは僕の心情とリンクして、新しい歌を紡ぎ出してくるんだろう?
まるでこちらの心、お見通しみたいに…
それは数年前に君に抱いていた感情と何となく似ている。
長い、長い道のりを同じ歩調で歩んでいてくれる、その感覚がとても嬉しいし、心地いい。

僕らの人生と、娘たちの人生は、これからいっそう違う輪郭を明らかにしながら、
時間軸の中に記されていくことでしょう。
でもそれは、彼女たちがそれぞれの人生を生きている証。
それをいっしょに見つめながら、僕ら自身の人生を楽しんでいきましょう。

23年目の始まり、少し過ぎてしまったけど、改めて伝えたい。
愛しい人へ。
ありがとう、そしてこれからもよろしく。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。